琴羽のブログです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
<< 米国では2000年にITバブルがはじけ、日本の巻き返しが注目された | main |
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | PAGE TOP↑
    核の脅威が世界にとっての課題だとの認識を表明
    category: - | author: 19m2a63kotoha
    0

      「寝ている間の成長ホルモンへの影響を期待して子供たちには寝る前に飲ませているのですが、大人も飲むことが出来るのが嬉しいです。」
      「セノビーのすごいところはたった1杯でカルシウムが700mgも摂取できるという点です。それだけに留まらず、ビタミンD・鉄・シールド乳酸菌・ミルクオリゴ糖など子供の成長に欠かせない成分が入っているのが本当にありがたいです。
      また定期購入しているので買い忘れることなどもなく、毎日子供に飲ませることが出来ています。」
      セノビー
      さて、次はこんな話題です。
      韓国と北朝鮮による南北対話を歓迎し、朝鮮半島の緊張緩和と非核化に向けた対話の進展につながるよう期待も表明した。
      ティラーソン氏は会合で北朝鮮が非核化に向けた決定的なステップに乗り出すまで、最大限の圧力をかける取り組みは続くと力説。
      中国とロシアを名指しし、国連制裁の完全履行を重ねて呼びかけた。
      そのうえで、安保理が北朝鮮への輸出規制を科している石油精製品などを、海上で同国船に移し替える密輸の手口を批判。
      核・ミサイル開発を抑止するためにも制裁をないがしろにするこうした非合法な移し替えは終わらせなければいけないと主張した。
      ティラーソン氏は核の脅威が世界にとっての課題だとの認識を表明 した。
      その実例として、朝鮮半島の周辺を多数の民間航空機が日常的に飛び交っているとして北朝鮮の弾道ミサイル発射は脅威となるとパネルを用いながら指摘した。
      会合では河野太郎外相も今は圧力を緩和するときでも北朝鮮に報いるときでもないと主張。
      平昌冬季五輪を契機とした南北対話などで北朝鮮への圧力が緩むことに警戒感を示しつつ、国際社会の結束を訴えて米国と足並みをそろえた。
      一方、韓国の康京和外相は南北対話について南北関係の修復に向けた最初の重要なステップだと語り、緊張緩和と核問題の平和的な解決に向けた環境づくりにつながるよう期待すると表明した。
      北朝鮮が核開発を続ける限りは制裁は科されたままだろうとも語った。
      関係国の外相会合終了後、日米韓 、日米の枠組みで外相会談を開催。
      北朝鮮への圧力を最大限に高める取り組みの継続で一致する見通しだ。

      JUGEMテーマ:日記・一般

      comments(0) | - | PAGE TOP↑
      スポンサーサイト
      category: - | author: スポンサードリンク
      0
        - | - | PAGE TOP↑