琴羽のブログです。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
<< 近未来のモノづくりイノベーションの手法を示す拠点も育っている | main | 核の脅威が世界にとっての課題だとの認識を表明 >>
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | PAGE TOP↑
    米国では2000年にITバブルがはじけ、日本の巻き返しが注目された
    category: - | author: 19m2a63kotoha
    0

      77歳の歳に行うのが喜寿で、かつて今ほど平均寿命が長くなかった時代に喜寿のお祝いをしてもらえる人というのは本当にすこやかな歳の重ね方をして平均寿命を過ぎた年代に至った人であり、長寿をお祝いする子孫の側も祝ってもらえる側も感慨深いタイミングであったことでしょう。
      元気な高齢者が増え、77歳を迎えてもまだまだ現役を続けているという人も多く、そんなアクティブな年齢を過ごす人生の先輩をたたえ、これから先も元気で居てほしいという願いを伝えるための儀式ともいえるものに変わっているようです。
      喜寿のお祝い
      もう一つこんな情報も。
      目をつけたのがヤフーやアマゾン・ドット・コムなどの米ベンチャー企業だ。
      ネットを使った電子商取引や情報サービスを次々と立ち上げ、いわゆるドットコムブームを巻き起こした。
      日本でもソフトバンクがヤフー日本法人を96年に設立、翌年には楽天も旗揚げした。
      だが従量制のダイヤルアップ接続では料金がかさんでしまう。
      米国のように利用者を増やすには、常時接続と料金の引き下げが必要だった。
      このままでは日本はネット後進国になってしまう。
      そんな時、声 を上げたのが慶応大学の教授だった竹中平蔵氏や大学間ネットのWIDEプロジェクトを担っていた村井純慶大教授らだ。
      NTTに対し通信網の開放を政府が迫るべきだと主張した。
      これに反応した森喜朗政権は2000年にIT戦略会議を設置。
      森氏と早稲田大学の同窓だったソニーの出井伸之会長が初代議長を務め、翌年にはe―Japan戦略が始動、NTTの回線開放が進むことになった。
      ソフトバンクの孫正義社長はヤフーBBと名付けたADSLサービスを発表。
      接続装置を無料配布し、自分で配線してもらう画期的な方法で利用者を獲得。
      料金は月額2280円と一気に専用線の百分の1以下に下がった。
      NTTがネットに二の足を踏んだのには訳がある。
      ネットは構造上、混み具合で速度 が変わるため「品にならないと考えられたとNTTで当時、ネットを研究していた後藤滋樹早大教授はいう。
      だが手軽にネットが使えるようになると瞬く間に利用者が増え、インフラも世界トップとなった。
      一方、99年には世界初の携帯ネットiモードがNTTドコモから登場。
      逆に米国では2000年にITバブルがはじけ、日本の巻き返しが注目された。

       

      comments(0) | - | PAGE TOP↑
      スポンサーサイト
      category: - | author: スポンサードリンク
      0
        - | - | PAGE TOP↑